ラブグラが効く仕組み

ラブグラの有効成分、シルデナフィルは、男性ED治療薬で有名なバイアグラと同じ有効成分です。同じ有効成分なので、飲み方や効き目が表れる時間などの特徴がよく似ています。ただし、ラブグラは、女性用の治療薬ですので、くれぐれも男性が服用することのないようにしてください。

さて、このシルデナフィルには、血管を拡張させる作用があり、この作用によって血流が改善し、女性器周辺の血流も良くなります。そのため、膣からの分泌液が増加することで、感じやすくなるという効果を得られます。
女性は、加齢とともに、ホルモンバランスが崩れやすくなり、更年期障害(ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調のこと)があらわれます(このような症状の出始める時期や症状そのものに対し個人差がありますが)。また、仕事や家事、育児等のストレスから、膣からの分泌液が減少することがあります。分泌液が減少すると、セックスで痛みを感じてしまい性行為自体嫌になったり、精神面からくる不感症になったりすることがあります。

しかし、膣内・外陰への血流の流れを良くする有効成分シルデナフィルの効果で、潤いと性的快感を得られるラブグラ。不感症や性的興奮障害を改善できれば、セックスに対する女性の精神的安定にもつながるでしょう。

そのラブグラの効果を最大限に引き出すため、具体的にどのように飲むか、ご説明します。

ラブグラは、まず、お酒を控え、空腹時に飲むのがベストです。胃が空の状態での、ラブグラの吸収率は大変高く、効果効能をより発揮するようになります。そのためにも、食後ではなく、空腹時に飲むようにしましょう。またアルコールの影響を受けやすく、お酒を飲んでしまうと、効果が出ない場合がありますので、要注意です。プラシーボ効果という言葉もありますが、飲むときの体調も気を付けてください。 さらに、ラブグラの効果を上げるために、セックスの1時間ほど前に服用するようにしてください。服用後、30分から1時間ほどで効果が出てきますので、性行為の約1時間前の空腹時に服用するのが良いでしょう。ですから、セックスする直前に服用しても、すぐには効果が出ないことを肝に銘じ、余裕を持って、服用してください。

この効果は、約4~5時間持続すると言われています。
ただ、媚薬は服用したらその有効時間中ずっと興奮状態が続きますが、ラブグラは4~5時間ずっと効果効能(効き目)が作用しているわけではありません。性的刺激を受けた時や脳内が興奮状態の時だけ、作用します。ですから、日常生活には支障がありませんのでご安心ください。この持続時間を考慮して、服用のタイミングを決めてください。通常時に飲んでも性的刺激を受けないと効果が出ませんので、作用時間のテストに参考に出来ないと思ってください。

デートが楽しみな女性

Filed under: — 11:07:00